『今一番盛り上がっているSNS』TIKTOKに参入するべき5つの理由

TIKTOKというと若い子たちが音楽に合わせてダンスを踊っているアプリ。
なんとなくそう思っている人が多いと思います。確かに2018年ごろまではそういった若い人向けのアプリでしたが、現在は全く違うアプリになっています。

TIKTOK売れという社会現象も起きていて、今とにかくTIKTOKが消費行動につながるのは間違い無いです。企業や個人としてここまで効果的な宣伝媒体を利用しない理由はありません。

ではなぜTIKTOKがこんなにも今盛り上がっているのかを5つの観点から紹介していきます。

理由① 世界で1番ダウンロードされたアプリ

2020年のダウンロード数は30億回を越え、Facebookをおさえて世界で最もダウンロードされたアプリになりました。また月間のアクティブユーザー数も10億人を超えるなど今最も成長しているSNSと言えます。

日本ではまだ1番とまではいきませんが、それでも常に上位にあり、日本はアメリカの後を追うことが多いので、今後TwitterやInstagramなどのSNSを超えて、メジャーな媒体になることが予想されます。

その理由は没入感です。後ほど詳しく解説しますがTIKTOKのアルゴリズムは非常に優秀で、ユーザーが興味のあるコンテンツをピンポイントで表示するため他のSNSとちがい”選択する”という手間がなく、無意識のうちに何時間もTIKTOKに夢中になってしますのです。

理由② 現在のライフスタイルに特化した縦長短尺コンテンツ

動画コンテンツなどとして有名なのyoutubeなどは基本的には横向動画が多いが、TIKTOKは縦長動画の動画になっています。これは現在スマホを利用して、動画を見るユーザーが多い現在の流行に合わせられたものです。

また移動中や短い休憩中などでもサクサク見れるような15秒〜1分ほどのコンテンツが中心となっています。
この縦長短尺動画が現在のライフスタイルにマッチして爆発的にヒットしています。

  • 移動中や隙間時間にはTIKTOK
  • 帰宅後などの時間が確保できるときにはyoutubeやアマゾンプライム、ネットフリックスなどを

というようにしっかりと用途が決まってきているように感じます。

理由③ 優れたアルゴリズムによる受動的なメディア

隙間時間などが少しだけあるときや、本当にダラダラと過ごしている時など暇だからyoutube見るか〜でも何見ようかな?という経験はありませんか?日々の生活は選択の連続で、私たちは無意識のうちに選択することに疲れています。
TIKTOKが他のSNSと大きく違う点はここです。
youtubeは検索したものを、teitterやinstagramなどはフォローしているユーザーのコンテンツを見るため自分で選択してコンテンツを選ぶ必要があります。
しかしTIKTOKは今までの自分の視聴したコンテンツなどのデータからあなたにピッタリのコンテンツを次々に提案し続けてくれます。
この機能により私たちは選択するという作業から解放されるのです。
TIKTOKを運営するバイトダンスという中国の企業は元々AI事業を展開していた会社で、現在GAFAにも迫る勢いで成長を続けています。
そのためTICTOKが提案するコンテンツの質は非常に高く、多くのユーザーが無意識のうちに長時間TIKTOKを利用しています。
そしてそのコンテンツを求めている適したユーザーへ情報を届けることができます。

理由③ 広告が受け入れられやすい環境

現代の傾向として、広告というもの事態に嫌悪感を抱く傾向があります。
企業イメージ向上や商品認知拡大のためにせっかく経費をかけて広告を作っても過度な広告は逆に悪いイメージを与えてしまう可能性すらあります。
しかしTIKTOKを受身の立場で利用しているユーザに自社のアカウントのコンテンツを認知してもらうことで、広告らしくない広告として、商品の認知や企業自体のブランディング、イメージ向上につなげやすいのです。

理由④ 圧倒的な拡散力

TIKTOKが他のSNSと一番異なっているのはこの『拡散性です』
宣伝のためにSNS運用を始めたが、フォロワーが伸びない、、、
など運用に悩んでいる方も多いと思いますが、実際にyoutubeやInstagramなどもしっかり運用することで、集客につなげることは可能ですが、そもそも最初からファンがいないと、どんなに良いコンテンツを使っても見てもらえないという問題があります。

TIKTOKはどんなにフォロワーが少なくてもしっかりと目的やターゲットに合った良いコンテンツを作ることができれば最初からたくさんの人に見てもらいバズらせることができます。
またそこから他のSNSアカウントへつなげることもできるので、できるだけ少ない経費で認知してもらい集客を行うにはTIKTOKは非常に有効な手段です。

今TIKTOKに参入しない理由はない

TIKTOKは今現在一番勢いがあるメディアですが、その有効性に気づき上手く運用できている企業は多くないのが現状です。

宣伝媒体としてYOUTUBEなどをもっと早く始めておけばよかったな〜などと思っている人も少なからずいるかもしれませんが、TIKTOKも数年後には必ず現在のYOUTUBE以上のメディアになるでしょう。
自社で強力な宣伝媒体やノウハウを持っていることは非常に強力な武器であり財産になります。
TIKTOKの重要性がそこまで広く認知されていない、ブルーオーシャンである今のうちにしっかりと自社の立ち位置を確立しておくましょう。



お問い合わせはこちらから
お見積もり・ご相談はこちらのボタンからお願いいたします。
担当者よりご連絡差し上げます。

完全無料・24時間対応可能